トピックス

12月中旬から1月初旬スケジュール

IMG_0360_s

<営業スケジュール>
開館時間は通常通り(午前9時~午後5時。入館は午後4時30分まで)です。
12月中旬~1月初旬スケジュール03

<イベントなど>
「クリスマスこども無料」12月22日(土)~25日(火)4日間開催
「おとしだまくじ」でプレゼント 元旦から3日まで開催
(1)「なわないでクリスマスリース作り」12月23日(日)開催
(2)「慶応4年戊辰の湯沢と魚沼を語る」12月28日(金)開催
(3)「昔のくらしツアー」12月29日(土)開催
(4)トークイベント「昔の雪国生活を語る」1月3日(木)開催

イベント盛りだくさんで皆様をお待ちしております!

「なわないでクリスマスリース作り」12月23日(日)開催

縮小3

12月23日(日)に「なわないでクリスマスリース作り」を開催致します。
時間:午前11時から正午まで、午後1時から4時まで(予約不要)
料金:1人につき2つ無料(大人は入館料500円が必要です)
対象:小学生以上

「なわない」とは、やわらかくしたワラを手の平でよって
(こすりながらねじるかんじ)ロープを作ることです。
昔の人は物を運ぶとき、必ず「なわ」を使いました。
出来上がったら、くるっと丸くしてクリスマスリースのように仕上げます。

午前10時からワラを柔らかくする為に
「ワラつぶし機械」を実際に使ってみます。ぜひご見学ください。

「慶応4年戊辰の湯沢と魚沼を語る」12月28日(金)開催

荒戸集落の旧街道_昭和40年代_S

【 日 時 】2018年12月28日(金)午後1時~3時予定

【 定 員 】10名様

【申込方法】要予約。電話:025‐784-3965(雪国館、水曜定休)

【 会  場 】湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」2Fフロア

【 料 金 】1,300円(入館料、資料、おやつ、お茶・コーヒーつき)

【 内  容 】
テレビ画面に写真や資料を写しながら解説します。主に、三国峠の戦いで敗れた会津藩士がどのようなルートで逃げたのか、現在の旧三国街道の地図と照らし合わせて考えたいと思います。旧宿場(湯沢、関、塩沢、六日町)に近いお菓子などを4種類、ご用意します。気軽にご参加ください。写真は昭和40年代の荒戸集落。旧三国街道です。

【担当者より】
小出島陣屋の郡奉行、町野源之助が「三国峠の戦い」の隊長を務めました。どこかに町野が語った記述がないかと探したところ、『会津戊辰戦史』(1933年発行)に「町野主水談」としてありました。ところがですね、「西兵山を越え関村に入る」と書いてあるんですよ。加えて「遊撃隊頭井深宅右衛門本隊を率いて来たり援」けて二居峠で戦うか退却するか、町野と言い合ったようなんですよ。「関村」?六日町ではなく?「井深宅右衛門」?池上武助ではなく?・・・混乱してきました。ただ、分からなければ分からないほど深みにはまり、ただいま各市町村史などを照合しています。解明には時間がかかりそうですが、分からないことも皆さんに楽しんでいただければと思っております。

「昔のくらしツアー」12月29日(土)開催

DSC_0755_01s

【日時】2018年12月29日(土)午前11時から正午まで、午後2時から3時まで

【料金】入館料(大人500円、小中学生250円)のみで参加できます。予約不要。

 ワラ細工講師の小林守雄さん(87)が、昔の暮らしについて、展示を見ながら話してくれます。